トヨタディーラーならではのトータルバックアップ
お客様へ安心を添えたカーリース

車検の選択はもちろん、車検・点検・一般修理・保険等、クルマに関する殆どを埼玉トヨタがバックアップ可能。さらには全国のトヨタネットワークがお客様に安心感をもたらします。

What’s CAR LEASE

最近、カーリースを導入する企業が増えています。
カーリースは、時代が求める合理的な「自動車利用システム」です。

カーリースは、カーリース会社(貸渡人)が特定のお客様(借受人)の特定のクルマに対し、契約にもとづき一定期間一定の料金で賃貸する仕組みです。車両・保険・メンテナンスなど、お客様の利用に応じたパッケージを自由に選択できます。
今や、企業経営の効率化には、必要な時に必要な分だけ外部システムを利用する「アウトソーシング」の発想を欠かすことは出来ません。クルマの購入時に必要なまとまった資金や、維持にかかる手間を省きながら、クルマの便利さだけを利用することが可能です。カーリースはまさに、こうした時代のニーズの全てに的確にお応えできるシステムです。

リースのメリット(企業)

【メリット1 明確な毎月のコスト】
リース契約満了まで、一定のリース料金です。
【メリット2 経理業務の軽減】
固定資産計上、減価償却処理が省けます。
【メリット3 事業資金の有効活用】
車両購入時に、まとまった資金調達の必要がありません。
【メリット4 総資産の増加抑制】
固定資産及び負債の増加を防ぎ、財務比率の悪化を抑制します。
【メリット5 対外的信用力の保持】
健全な財務体質により財務上の対外的信用力が保持されます。
【メリット6 節税効果】
毎月のリース料は法人税法上、全額「必要経費」として処理可能です。車両の使用期間に応じた償却が出来るため、車両購入(所有)した場合のように償却不足が発生せず、 明確な節税効果が期待できます。

リースのメリット(個人にとっても魅力的)

カーリースは企業だけのものではありません。今や個人の方も新車をご購入の際はマイカーリースを選択肢の中に 入れてみてはいかがでしょうか。一般的に個人ユーザーにとってカーリースは、企業で利用するのとは異なり 経費扱いにならないのでメリットがないとお考えになる方が殆どかと?

【メリット1 月々の支払いがラクになります】
クルマをローンで購入した場合、月々の支払いをラクにするには、高額車ほど長期に渡るローンを設定しなければなりません。しかしながらマイカーリースの場合は予定残価をあらかじめ差し引いたうえでリース料を設定する方式ですから、月々のお支払はラクになります。
【メリット2 税金・保険・車検整備等も含められます】
車両登録時の取得税・重量税・自賠責保険料はもちろん、リース期間中の自動車税・車検費用・法定点検・オイル交換等の自動車メンテナンス費用、さらには任意保険までリース料に含め、毎月一定額でお支払い頂けます。
【メリット3 カーライプランに合わせた乗り換え】
家族の成長、年齢に合わせたクラスアップ、流行の車種、クルマは生活の一部として使われています。やはりいづれの時代もライフスタイルに応じたクルマの選択が必要とされます。マイカーリースならカーライフプランに合わせたリース車種・リース期間を設計し容易に乗り換えが可能です。

リース料の算定基準

自動車を資産として所有するのではなく、所有と同様に利用できるシステムです。

カーリースは、資産価値を全額償却する前提でリース料が計算される一般のOA機器リースと異なり、あらかじめリース満了後の中古車予想価格にあたる「予定残存価格」を差し引いてからリース料を設定します。リース期間については、3~5年が主流となっています。リース契約満了後としましては車両返却が一般的ですが、同車両での再リース契約も可能です。

(注)リースは契約途中(期間内)の解約・変更については、規定損害金をいただくことになります。あらかじめ リース内容・リース期間につきましては充分ご検討下さい。

リース方式

カーリースの契約内容については、自動車のみのリースではなく自動車を使用する上で必要とされる自動車税等の税金、車検・修理等のメンテナンス費用、自動車任意保険等を含む数多くのリース契約内容の組み合わせがあります。

埼玉トヨタは、トヨタディーラーとしてトヨタ専門の技術検定に合格したサービスエンジニアが、トヨタ車専用工具の整ったトヨタテクノショップで万全の整備をいたします。保証修理の際も即対応します。

リース期間

新車リース契約の場合 2年・3年・4年・5年

再リース契約の場合 1年・2年

お客様ご自身のクルマの使用頻度、代替サイクルに合わせたリース期間を設定して下さい。また新車リース契約満了(リースアップ)時として、車両返却※1または契約延長継続「再リース」も可能です。再リース時のリース料としましては、新車リース契約時のリース料とは異なります。新規リース契約満了時にリース内容をお客様と検討し、試算させていただきます。

※1 リース契約時の走行距離基準オーバーや著しい外装査定減点に対し精算をしていただく場合もあります。

対象車種

埼玉トヨタ扱い新車全て対象※

カーリースできるクルマは、乗用車はもちろん、RV・トラック・バス等、埼玉トヨタで取り扱いの新車全てが対象となります。また、お客様に合ったオプション・架装・社名看板・塗装等もご自由に選択できます。クルマは企業にとって業務効率を高めるツールであり、さらには企業イメージを表す移動看板でもあります。是非お客様に合ったクルマを埼玉トヨタリースで活用して下さい。

リース契約

お客様(借受人)・当社埼玉トヨタ(貸渡人)の間で、リース車両・リース方式・リース期間等を決定し、リース契約をおこないます。

契約の流れ

  • 1.車種・グレード・リース期間などをお知らせください
  •  <ご検討いただく事項>
    (1) 埼玉トヨタ扱い新車よりお選びください。
    (2) メーカーオプション・装着部品・看板・架装をご指定ください。
    (3) リース期間(24ヶ月・36ヶ月・48ヶ月・60ヶ月)を設定してください。
    (4) 任意保険をリースに含めるかご検討ください。   ※現在ご加入になっている無事故優良割引率にてリース料を試算いたします。
    (5) メンテナンスリース・ファイナンスリースを選択ください。
    (6) 月間走行距離(推定)を設定してください。
  • 2.お客様のご要望に合わせ、リース料のお見積もり
  • (1) 当社販売スタッフがお客様に合ったリースプランニングをお手伝い致します。
  • 3.リース契約書作成および契約締結
  • (1) リース車両及びリース契約内容の最終確認をおこないます。
    (2) リース車両の手配・納車準備をおこないます。
    (3) リース車両登録に基づくリース契約書類を作成します。
    (4) 契約締結