• 学生の頃から車が大好きだったので、大学時代はガソリンスタンドでアルバイトをしていました。好きなことを活かしたいと考え、就職も自動車関係の仕事をしたいと思っていました。そして就職活動をしていく中で、大好きな車を通じて様々な人とお話ができ、自らの成長に繋がると感じて営業職を希望し、自動車ディーラーを選びました。学生時代には友人も多かったし、ずっとスポーツをやっていたので対人関係には自身を持っていましたが、幅広い年齢層のお客様と接していくこの仕事は、やはり神経を使うものだなと感じるとともに、やりがいを感じます。仕事の進め方やお客様の対応で困った時などには、上司や先輩から的確なアドバイスがいただけるので、安心して仕事に取り組むことができます。現在どの企業もCS(お客様満足度)の向上を目標にしていますが、当社は同時にES(従業員満足度)向上にも取り組んでいます。仕事自体は大変なこともありますが、やりがいもある非常に働きやすい会社だと思っています。

    平成18年入社  加藤 圭太郎

日常の業務について

一日の仕事は、朝のミーティングからスタート。来店されるお客様の情報を店舗全員で確認し、商談のアドバイスをもらったりしています。その後に営業活動を開始しますが、平日は法人のお客様中心の訪問活動、週末はショールームで来店されるお客様を待機しながら電話での誘致活動をしています。営業活動の中ではお客様を定期的にフォローしています。営業の基本は、人間関係を築くことですが、まずは顔と名前を覚えてもらうことが第一歩です。定期的にお客様と会ってお話しを伺うことで、コミュニケーションを図り、信頼していただくことをいつも心掛けています。車のことなら"トヨタの加藤"となることを目指しています。

仕事のやりがいについて

「車の営業は大変」というイメージはありませんか?土日も仕事で休みは少なく、毎日の外回りに営業目標、等々・・・確かに目標がある以上、達成に向けての努力や地道な活動が必要です。しかし私の場合、そこが逆にやりがいだと感じています。だいたい目標が無い会社なんてありませんし、目標があるから頑張れるんじゃないですかね。日々の活動をきちんとやれば必ず結果に繋がるし、休みもしっかり取れる。もちろん収入にも跳ね返ってきます。自分が頑張った結果を感じることができることは、この仕事のやりがいであり、醍醐味なんだと思います。

仕事で成長を実感する時

営業をやっていて思うのですが、やはり毎日が勉強です。 当社では充実した社内教育や研修制度があります。また、営業に関する教材もありますので、基礎知識を自学自習することもありますが、なんといっても一番の先生はお客様です。この仕事は様々なお客様と出会う機会があります。日々お客様と会い、いろいろな事を教えていただいたり、時には怒られたり、褒められたり・・・お客様と会うたびに自分の成長を感じます。今ではお客様が何を求めているのかを考え、そのお客様にあったご提案ができるようになってきました。

将来の希望

『一期一会』という言葉がありますが、お客様や上司・先輩・同期の仲間など、人との出会いを大切にしていきたいです。そして、応援していただける人をどんどん増やしていきたいと思っています。その為には「謙虚」「素直」「誠実」の心を忘れず、前向きに頑張っていきます。一日でも早く自分の理想としている営業スタッフ(良い意味でお客様の期待を裏切る)になりたいと考えています。色々な経験を積み重ね、もっともっと自分の可能性を広げていきたいと思っています。